採用担当者対談 採用担当者対談

ネッツトヨタ宇都宮って、実際のところどんな会社なの?職場の雰囲気は?どんな人が働きやすいの?などなど、これから就職活動を始める皆さんには、いろんな疑問があると思います。そこで、新卒採用担当者の二人に、ネッツトヨタ宇都宮について思う存分語ってもらいました!

秋山昌宏(写真右):管理本部 総務課 次長
坂入優香(写真左):管理本部 総務課

坂入:
そもそも秋山さんが、ネッツトヨタ宇都宮に入社を決めた理由はなんだったんですか?
秋山:
店舗訪問した時に、学生としてではなく一人のお客様として対応してもらえたのが一番かな。嬉しかった。もう一つは、営業は成果実力主義なので、私の性格的に合っていたというのも理由です。
坂入:
やっぱり営業マンなんですね。私は、もともと車が好きで、トヨタも好き、接客も好き。いろんな好きを全部満たしているのがこの会社だったんです。入社後の印象はどうでしたか?想像通り?
秋山:
入社後、最初に車の構造やタイヤ交換、その後車のサイズや燃費など車に関することを教えてもらうんだけど、営業で入社したのにこんなに勉強するんだ!って驚いたことは今でも覚えているよ。
坂入:
でも途中で挫折しなかったんですよね?
秋山:
新入社員は全員、知識ゼロだと思って対応してくれるので学びやすかった。 もちろん私も、現在は教育する側になりましたが、あの時の経験を活かして新入社員は知識が無いと思って指導していますので、安心してください(笑)。

笑顔で人に接することができる方は素敵だなって思います。(坂入)

坂入:
私は、こんなに楽しい職場があるんだというのが素直な感想です。一緒に働く仲間と気が合うのも良かったですね。 新入社員には、何を求めていますか?
秋山:
知識や技術は求めていないので、素直で前向き、常に向上心がある人が良いですね。人は、失敗するのは当たり前なので、失敗を気にせず何事にも前向きに取り組んでほしいと思っています。
坂入:
私が求めるものは、元気や明るさです。接客や電話対応もすべて元気で明るいと、お客様だけでなく、一緒に働いている仲間も気持ちいいんですよね。 入社してくる学生の中には、就活中に出会った採用担当者のイメージが良かった。という声が多いんです。秋山さんのキャラクターも大きいと思うのですが、やはり元気や明るさは相手に良い印象を与えているんだと思いました。 私は今年初めて会社説明会などの司会を経験するので、秋山さんのように私もみなさんに良い印象を与えたいですね。
坂入:
秋山さんや私が入社した時より、試験や面接の回数が増えましたよね。
秋山:
筆記試験、適性検査に、面接は3回。ひとつの見方だけではなく、いろいろな人が関わることで多様な見方ができるので、良い人材を見極めやすくなったと思います。 入社試験の方法だけでなく、私たちが実際に働いている職場の制度も徐々に変わってきているよね。

人見知りしないことは大切。
Face to Faceの仕事ですから。(秋山)

坂入:
育児休暇など女性が働きやすい制度が整ってきているので、これからもっと働きやすくなると思います。 また、男女問わず仕事をするうえでは、やりがいのある環境は重要ですよね。
秋山:
私もやりがいは感じているね。店舗を一つのチームと考えて皆で協力して働いているけど、一人で任せてもらえる仕事も大きい。それは社会人としても男としても、何よりもやりがいになってるよ。
坂入:
事務スタッフでも県内各地の店舗応援に行ったりすることがありますよ。一つの職種だけでなくいろいろな店舗に行って様々な仕事ができるので、新しい発見や出会いもあり、とても楽しいですね。
坂入:
この場を借りて告知をしても良いですか。 これから(2017年2月現在)の採用活動の予定ですが、合同説明会を4回、弊社独自の説明会を2017年3月〜4月は週一回の開催を予定しています。 また、昨年末からネッツトヨタ宇都宮を肌で感じられる店舗・工場見学などのインターンシップも開催しています。FacebookやインスタグラムなどのSNSで情報を発信しているので、ぜひチェックして欲しいです。Facebookでは、会社訪問の写真もアップしていますよ。
秋山:
SNSもやってるんだ?!
坂入:
知らなかったんですか?
秋山:
どうしてもITは疎くて…
坂入:
これを機会に、秋山さんも見てください(笑)。仕事内容や会社の雰囲気も分かるので、良いですよ。
二人:
では、説明会でお会いしましょう!